NEC LaVie Zレビュー

サイトマップ
NECパソコン比較購入ガイド NECパソコン
NECパソコンの購入・比較に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく説明しています。
ここでは、世界最軽量モバイルノートNEC LaVie Zについてレビューしています。
NECパソコン比較購入ガイドTOP > NEC LaVie Zレビュー
NEC LaVie Zレビュー/世界最軽量モバイルノートはやはり軽かった!

展示会でNECの世界最軽量モバイルノートLaVie Zに触ることができたので詳しくレビューしたいと思います。

LaVie Z

LaVie Zの最大の特徴は、その軽さ。13.3インチ液晶搭載ノートとしては世界最薄となる795gを実現しています。

LaVie Zレビュー

最初持ってみたときには、そのあまりの軽さに衝撃を受けました。この大きさだったら 、これぐらいの重さっていうふうに思うのですが、今回は想像を遙かに下回る軽さです。「これ本当に13インチノート?」と思ってしまいますね。

薄い

片手で持ってみても十分に軽い!片手でずっと持っていても全然苦にならないですね。ボディも14.9mmと薄く持ち運びしやすいです。これなら気軽にどこにでも持ち運びたくなるなあ。

スリム

液晶を開いたところ。液晶部分も本体部分もすごく薄いのがわかります。本体部分なんて、端子の幅と本体の幅がほぼ同じ。これ以上薄くするのは無理!という感じがします。

コンパクト

担当者の方に持ってもらいました。13.3インチ液晶搭載なので、コンパクトではありますが、それほど小さくは感じません。

薄い

前から見たところ。そのスリムさがわかると思います。

筐体内部

ブースには、LaVie Zの底面部が取り外されて、内部構造がわかるような展示もありました。

基板

マザーボードには薄型軽量基板を採用。チップセット/電機部品/電源回路を最適化することで、部品数を減らし、全体の重量を削減することに成功したそうです。

薄いボディに整然とパーツが並んでいます。下半分の黒い部分がバッテリーです。

CPU

上側の中央にあるのがCPU。その右にある4つの黒いパーツがメモリです。

ファン

右端にはファンが配置されており、CPUとファンを直結することで効率的に冷やせるような仕組みになっています。

ボトムケース

ボトムケースを持ってみましたがすごく軽い!厚さは0.4mmしかないそうです。

LaVie Zには、超高解像度・IGZO液晶モデルタッチパネル液晶モデルの2つのモデルが用意されています。それぞれのスペックは次のとおり。

【LaVie Zカスタマイズモデルのスペック比較】

モデル
超高解像度・IGZO液晶モデル
タッチパネル液晶モデル
液晶
13.3インチ
最大解像度
2560×1440
1920×1080
グレア/ノングレア
ノングレア
グレア
タッチパネル
×
IGZOパネル
×
CPU
第4世代
Core i5/4200U
Core i7-4500U
第4世代
Core i5/4200U
メモリ
4GB
HDD
128/256GB SSD
光学ドライブ
-
端子類
USB 3.0×2/HDMI
外形寸法
319(W)×217(D)×14.9(H)mm
319(W)×217(D)×14.9〜15.9(H)mm
重量
約795g
約964g
バッテリ駆動時間
約9.2時間
約14.5時間
カラーリング
ストームブラック
ストームブラック/ムーンシルバー
直販サイト

液晶の大きさは同じですが、解像度が大きく異なります。IGZO液晶モデルは、シャープの高精細IGZOパネルを搭載しており、2560×1440ドットという圧倒的な解像度を実現しています。795gの軽さを実現しているのはこちらのモデル。

一方、タッチパネル搭載はその名のとおり、タッチパネルを搭載。タッチパネルを搭載すると重量が重くなるので、こちらは964gの重量になっており、IGZOモデルに比べて169g重くなっています。ただし、タッチパネル搭載Ultrabookとしては、こちらのモデルも世界最軽量とのこと。

CPUには第4世代Coreプロセッサ、メモリは4GBを搭載しており、高いパフォーマンスを発揮できます。薄さ・軽さを重視するあまり、パフォーマンス面がイマイチというモデルもありますが、LaVie Zではそうした心配をしなくても済みそうです。

あとモバイルノートとして設計されているのでバッテリ駆動時間は気になるところですが、IGZO搭載モデルで約9.2時間、タッチパネル搭載モデルで約14.5時間を確保。1日中外出していても、バッテリ残量を気にすること無く使用できるレベルです。

LaVie Z IGZOパネル タッチパネル

左がIGZOパネル搭載モデル、右がタッチパネル搭載モデル。展示されていたのはどちらもブラックのカラーリングです。

デザイン

タッチパネル搭載モデルではシルバーも選択できます。

IGZOパネル搭載モデルとタッチパネル搭載モデルの商品コンセプトは次のとおり。

【商品コンセプト】

特徴
超高解像度・IGZO液晶モデル
世界最軽量
常に持ち歩くヘビーモバイラーのために従来モデルを超える軽さを実現
IGZOパネル
軽量・低消費電力かつ高画質なIGZOパネルを採用
超高解像度
スマホの高精細液晶に慣れたガジェッターが見ても納得する精細感を実現
ノングレア
従来モデルユーザーの声をフィードバック。外でも見やすいノングレア液晶を採用
必要十分なバッテリ駆動
約9.2時間の駆動時間を確保
ブラック筐体
ビジネスユーザーや先進的なユーザーを意識して、新しいブラックを採用
シンボリックターゲット
何よりも軽さを重視し、外出先でバリバリ作業を行いたいヘビーモバイラー
特徴
タッチパネル搭載モデル
直感的な操作
Windows 8をより快適に使えるよう、タッチニーズに対応
タッチUltrabook世界最軽量
タッチパネルは必要だが、軽さも妥協できないモバイラーのためにタッチパネル搭載Ultrabookとしては世界最軽量を実現
高解像度IPS液晶
フルHD(1920×1080ドット)に対応した、発色も鮮やかなIPS液晶を搭載
安心のバッテリ駆動
約14.5時間の駆動時間を確保。外出先でもバッテリ切れを気にする必要なし
選べるカラーバリエーション
ブラックに加えてシルバーも用意
シンボリックターゲット
直感的に使えるタッチ端末が欲しいけど、タブレットではなくパソコンとしてしっかり使いたい、欲張りなモバイルユーザー

IGZOパネル

IGZOパネルの液晶は精細感が高く、すごく綺麗!さすがは、最大解像度2560×1440ドット!むろん文字のにじみもありません。これなら、13.3インチノートとはいえ、かなり広い表示領域を確保できるのでウィンドウを複数表示して、効率的に作業できそう。

ノングレア

非光沢パネルを搭載しているので、照明などの映り込みがほとんど発生しません。

タッチパネル

こちらはタッチパネル搭載モデル。光沢パネルを搭載しているので、より色の深みが出ている感じ。

グレア

ただし、映り込みが発生しやすいので、適宜液晶の角度を調整する必要があります。

タッチ操作

タッチパネル搭載なので指による直感的な操作が可能。タッチによる操作感も良く、すぐに反応してくれます。

キーボード

キーボードは、キーが独立したセパレートタイプを採用。コンパクトノートでありながら、キーピッチは18mmを確保。デスクトップのキーボードのキーピッチが約19mmですから、それほど窮屈さは感じません。キーストロークはちょっと浅く感じましたが、このあたりは薄さを最優先させたモデルなので仕方ないかな。

キー

タッチパッド

タッチパッドは、クリックボタンが一体となったタイプを採用。

ブラック

写真ではわかりづらいですが、LaVie Zのブラックカラーモデルは、すごく落ち着いたブラックになっています。

デザイン

通常は塗料を重ねることで綺麗な黒にするのですが、LaVie Zでは軽さを実現するため、なるべく重ね塗りしないで済むよう試行錯誤を繰り返したそうです。50以上の試作をつくり、いろんなパターンのブラックの中から選んだとのこと。

右側面部

右側面部。

端子類

写真左から順にヘッドホン・マイクコンボ端子、USB3.0×2、HDMI端子、電源コネクタが配置されています。

電源コネクタ

薄さを追求するため、電源コネクタは平べったい形状をしています。

接続

ケーブルを接続するとこんな感じ。

ACアダプタ

ACアダプタもコンパクトなので、本体と一緒に持ち歩くのも苦にならなさそうです。

ステータスランプ

前面部中央には各種ステータスランプが配置されています。

左側面部

左側面部。中央にSDメモリーカードスロットが配置されています。

前面部を横からみると、真ん中がちょっとへこんだ、不思議な形状になっています。これは、液晶を開くときに手が引っかかりやすいようにするためのデザインだということです。細かいところまで気を配っているんですね。

通気孔の部分もおもしろい模様になっています。これも強度を確保するための工夫の1つだそうです。

こんな感じで、世界最軽量を実現するため、一から設計を見直し、細かいところまで工夫に工夫を重ねたとのこと。

LaVie Zレビュー

以上、NEC LaVie Zに触ってみた感想でした。まとめると次のとおり。

NEC LaVie Lの特徴
世界最軽量の圧倒的な軽さを実現

持ってみると、とてもノートPCとは思えない軽さ。これなら気軽に外に持ち運べます。

IGZOパネル/タッチパネル搭載モデルを選択可能

IGZOパネル搭載モデルの最大解像度は2560×1440ドット。圧倒的な高精細性を実現。タッチパネル搭載モデルでもフルHD対応。

高性能を発揮

第4世代Coreプロセッサ/4GBメモリを搭載しており、高いパフォーマンスを発揮できます。

長時間のバッテリ駆動が可能

一日中外出する場合でも、バッテリ切れを心配することなく、バリバリ作業できます。

このように、LaVie Zは、いつも持ち歩けるパワフルな軽量薄型ノートを探している方にオススメです。

自分好みにカスタマイズしたい方は NEC Directへ
NEC Direct(NECダイレクト)